花粉症の諸症状を抑えるためアレロックを服用しています

アレロック(一般名:オロパタジン塩酸塩)は市販で販売しておらず、医師の処方がなければ手に入れる事ができませんが、その分効果が高い抗ヒスタミン薬です。

市販薬を試してみて効かない場合や、もっと強い効果がほしい時に、耳鼻科や内科を受診して医師に相談すると良いと思います。

ただし、花粉症の薬は効果が高いほど副作用が強くなるものなので、市販の眠くなりにくいと謳われる薬と比べると、個人差はあると思いますが相当眠くなると思います。

私も数年間服用していて、毎シーズンの服用開始直後は眠気と怠さを感じています。

継続的に服用を続けていると、副作用が軽くなるのか眠い状態に慣れるのか分かりませんが気にならなくなります。

この手の花粉症の薬は数週間以上続けて用法用量を守って服用しないと効果が分からないので選ぶのが難しいですが、初めて花粉症の薬を使う新規花粉症患者の方は、眠くなりにくい(効果が弱い)ものから始め、どうしても治らないじゃないかとなった時にもう一段階強いものに変えていく事をおすすめします。

本当は最初から医師薬剤師に相談するべきですが、花粉症シーズンは病院なども混雑して大変だと思うので、自分で調べて自分に合う薬を調べて買ってしまうというのも状況によってはアリだと思います。

おすすめサイト⇒あんしん通販薬局 通販